スペインワイン BUDO YA

スペインにあるワイン専門店BUDO YAです。ワイナリー観光、クオリティワインのご紹介、ワイン関連の通訳・翻訳などを承っております。

IMG_0476

D.O.リアス・バイシャス PazoSeñorans ワイナリー訪問

パソ・セニョランス

2016/07/31

IMG_0463

D.O.リアス・バイシャスのトップクラスのワイナリー、パソ・セニョランスに行って来ました。20年間にわたって、D.O.リアス・バイシャスの委員長をしていたマリソル・ブエノさんのワイナリーです。まさに「高級品種アルバリーニョ」を牽引してきた人でもあります。

IMG_0470 IMG_0473

ブドウは全て棚仕立て(La Parra)。 海から近く、標高も300メートルと低いため、大西洋気候の影響を強く受けています。年間を通じて降水量は多く、穏やかな気候です。夏の間は、降雨量が減るので、十分にブドウが熟します。畑によってキャラクターは違いますが、砂質で痩せた酸性の土壌で、花崗岩も含むため、水はけは良いです。

IMG_0478

プレス後の果皮や種を使って、オルホ(蒸留酒)を作ります。ガリシア名物の香り高いお酒です。

IMG_0532 IMG_0541

除梗後、プレス機の中で短時間スキンコンタクト後、プレス。全てステンレスタンクで一次発酵。マロラクティック発酵はしていません。Pazo Señoransは、5ヶ月シュールリー。最低4ヶ月ボトル内熟成してから市場に出ます。平均樹齢45年のブドウを使ったSelección de Añadaは、一次発酵後、30ヶ月シュールリー。最低12ヶ月ボトル内熟成してから市場に出ます。

うっとりするようなエレガントなアロマにまず期待が膨らみ、しっかりしたストラクチャーの味わいにとても満たされるワインです。

IMG_0475

Pazoというのは大邸宅という意味ですが、Pazo Señoransの語源は分かっていないそうです。ワイナリーの敷地内に、ガリシア最大級のHórreoと呼ばれる穀物倉庫がありました。

IMG_0526

16世紀の醸造設備も残っています。

IMG_0482

敷地内に教会もあります。実際にミサも行われていたそうですが、現在は、家族や親類の結婚式やキリスト教の行事に使うだけだそうです。

IMG_0476  IMG_0492 IMG_0503 IMG_0509 IMG_0512 IMG_0516

17世紀の建物内は、重厚で豪華なサロンがいくつもありました。大広間では、結婚式やイベントも行うそうです。 昔の豪華な暮らしも垣間見ることが出来ます。


-D.O.リアス・バイシャス, PazoSeñorans, ワイナリー訪問
-, , , ,