スペインワイン BUDO YA

スペインにあるワイン専門店BUDO YAです。ワイナリー観光、クオリティワインのご紹介、ワイン関連の通訳・翻訳などを承っております。

P1160258

Bodegas Bhilar D.O.Ca リオハ ワイナリー訪問

Phinca Hapa by Melanie Hickman

2017/03/11

DOCaリオハを拠点に活躍するダビス・サンペドロのパートナーである、メラニー・ヒックマンさん。アメリカ合衆国オハイオ州出身。ダビス・サンペドロと結婚し、人口300人のElvillar村でワインを作っています。

P1160258
まだダビスとは恋人同士で、仕事の都合でメラニーがボストンに暮らしていたとき、愛犬のHapaを亡くし、泣いてばかりいたそうです。いつもはどんなことでもすぐ立ち直るポジティブな彼女の、今まで見たことがないような悲しみように、ダビスは慌てて、「いつか”Hapa”という畑を買って、”Hapa”というワインを作ってあげるから」と慰めたそうです。

P1160271
Elvillar村で、この畑を見たとき、真っ白な犬だったHapaのことがすぐに思い浮かび、「この畑が”Hapa”だよ!」と直感しましたが、畑のオーナーは売る気は全くなく、ダビスはワイナリー建設で余分な予算は全くない状態。

P1160244

遠くから来てくれるお客さんがゆっくり泊まれるように、ワイナリー併設の自宅も建設中。大きな窓からは、Elvillar村の教会やブドウ畑が一望できます。

P1160222

だいぶん出来てきた念願のワイナリーは、ステンレスタンクは置かず、セメントタンクと大樽。フレンチオーク使用樽と、ダビスの理想が叶う場所。

P1160236

DOCaリオハ初のビオディナミ認定ワイナリーになる予定です。

P1160232
カンタブリア山脈麓で標高の高い、とても美しいところです。

P1160276
ダビスのことも、経済的なことも理解した上で、どうしてもあきらめきれなかったメラニーは、アメリカで会社員をしていたときの老齢年金と貯金を全て下ろし、”Hapa”のオーナーと掛け合い、とうとう自分のものにしてしまいます。

長年、馬で耕し、除草剤などを一切使ってこなかった、ダビスにとっても理想のテンプラニーリョとビウラを中心とした混植畑。これからミツバチも飼うのだそうです。スペインで学校に通い、醸造と栽培の理論もしっかり学んだメラニー。彼女の”Hapa”が今から楽しみです。


-Bodegas Bhilar, D.O.Ca リオハ, ワイナリー訪問